1.0歩のやり方

ブレイクダンスにおける0歩とはC.Cのスタート姿勢から右脚を左脚にかけるときにそのまま右手に大きく体重を乗せ右脚の勢いで空中を大きく一周し、またスタート姿勢の前を向いたところまで戻ってくるフットワークです。

スタート姿勢からまたスタートの姿勢まで手だけで支え、空中を一周することから0歩とよばれます。

あるいはこれを1とみなし、1歩という人たちもいます。

C.Cの右手に体重をかけ動きを始めるときに頭が大きく右に動くようにしっかりと振り、右脚はその遠心力を保ったまま、左脚は少しジャンプするようにしてスタートします。

右手を中心に身体が回り始めたら、すぐに左手も地面に着きます。

そのとき、頭は前を通ります。

腰と脚は頭と逆の後ろ側にあり、手を中心として互いに引っ張り合いバランスを取っている状態です。

そのまま勢いを落とさないように右手から中心に移動した重心をそのまま左手側にかけにいきます。

頭を左に大きく振ります。

右手を離し、その空間に腰と脚を通していきます。

最後は頭をしっかりと後ろに引き、腰と脚を前の位置までもっていきます。

常に頭と脚が逆方向に引っ張り合っていることを意識して手を中心に大きく回転させることをポイントに考えながら練習しましょう。




手に体重を乗せる感覚、遠心力を保つ感覚は一度や二度の練習ではなかなかわかりにくいもので、練習を重ねることで身体の使い方と感覚がわかってきます。

ブレイクダンスのフットワークの中でも難易度の高い動きであるといえます。


2.0歩の発展

0歩は手を中心に頭と脚が引っ張り合いながら大きく回転する動きです。

これは、後に詳しく紹介しますがパワームーブのトーマスの身体の使い方とよく似ています。

トーマスをやりたいと思っている人がいるならば、この0歩は絶対にマスターすべきフットワークであるといえます。

簡単にいえば、この0歩で脚をそのまま開脚してしまえばトーマスになります。

もっとも、この0歩のやり方でトーマスに変形させることは遠心力が弱いのでとても難しく、かなりの上達レベルといえます。

今まで紹介してきた6歩、4歩、3歩はゆっくりと形や姿勢を確認しながら練習することができますが、0歩はゆっくりと確認しながら行うことができないため、上達した段階のレベルのフットワークといえます。

また、他のフットワークとは違った感じで浮遊感のあるすこしインパクトのある動きですので、6歩、4歩、3歩、2歩と混ぜ合わせて使いこなしましょう。

ブレイクダンスにおいては似たような身体のこなしを含む動きが多いため、順々にますたーしていきましょう。