1.シャッフルとは

ブレイクダンスにおいてシャッフルとは、ステップを踏む勢いで腰をひねる動きを入れたステップのことです。

ツイストステップと呼ばれたりもします。

少し難易度の高いステップになりますが、こちらもブレイクダンス特有の勢いとスピード感のある攻撃的なステップですので、ぜひ練習して身につけ、かっこ良く踊れるようにしましょう。


2.シャッフルのやり方

左右どちからでも構いませんが右足から解説していきます。

足を揃えた状態から軽くその場でジャンプする感じで着地時と同時に右足で軽くボールをパスするような感じで蹴ります。

右足が戻ると入れ替わりに左足を前に出します。

その左足を前から右足に大きく覆いかぶせるような形で右足よりも外側にステップします。

この時に上半身は胸部を中心に前方へ向いたまま固定し、左足の大きなステップと共に下半身だけが大きく捻れる感じになります。

これがいわゆるシャッフルやツイストと呼ばれるポイントの部分になります。

カウントで説明すると、ワンでジャンプし軽く右足で蹴ります。

エンで右足と左足を入れ替えます。

ツーで左足のステップで大きく身体を捻ります。

この感覚が慣れるまで難しいのでワン、エン、ツーとたくさん回数をこなし練習しましょう。




身体を捻ったら、その捻った反動で身体が元に戻ろうとします。

その感じに身を任せ、エンカウントで左足をまた反対側に振り返し、その軌道のままお尻に踵をつけるようにして戻します。

そのまま左足をまたワンで右足の時と同じように軽く蹴り出します。

これが反対側のスタートになります。

左側も同じようにやってみましょう。

シャッフルは音楽に合わせてやるととても早く複雑なので、最初練習するときは音楽のカウントに合わせるのではなく、ゆっくりと正確に行いましょう。

上達した段階になったら音楽に合わせてやってみましょう。

腕の動きについてです。

駆け足をする時のように足の動きに合わせて自然と振りましょう。

ツーのカウントで足をシャッフルする時には特に腕をしっかりと振って、上半身が下半身につられないようにします。

シャッフルでは腕の振りはかなり重要ですが、考えながらやると足の動きも複雑なため余計に難しくなってしまいます。

足の動作に身を任せ、腕のことは最初考えず、自然と振られる方向に振りましょう。

上達すれば、その腕も自由に変化させることができます。

ブレイクダンスにおいてシャッフルを使いこなせるようになればとてもかっこよく踊れると思います。