1.インディアンステップとは

1960年代の発祥当時、サルサやアフリカンダンスが元となりブレイクダンスは誕生したという説があります。

そして、ブレイクダンスは闘いのダンスがゆえに相手を威嚇するような動きが多いです。

それらが融合し生まれたステップであると考えられます。

別名、トップロックの中でも代表したステップになるため、トップロックという人もいますし、ステップ自体は簡易的な2つの動作のためツーステップといったり、フットワークやパワームーブなどの次に入る前のステップのためエントリーという人もいます。

様々な言表し方を覚えておきましょう。


2.インディアンステップのやり方

具体的なステップの説明をします。

脚を肩幅より少し広めに開いた姿勢で立ちます。

その時腕は胸の前あたりでクロスします。

これがスタート姿勢です。

次に左右どちらでも構いませんが、片足を斜め前方に出します。

対角線を描くように、右足なら左足の前あたりへ、左足なら右足前あたりへ出します。

練習においてこの時注意する点があります。

前に出した足のつま先の向きです。

外側ではなく少し内側に向けるようにしましょう。

例えば右足なら、左足の前あたりに出した時につま先は右斜めを向いていることが大事です。

これがインディアンステップのかっこよくやるためのポイントです。

そして足を前に出した時に、胸の前でクロスしていた手を大きく開き、肩の高さよりも少し高めに腕を上げ、肘は軽く伸ばします。




しっかりとピンピンに伸ばしてしまうと美しくなってしまいますので、ブレイクダンスでは少しクールな雰囲気になるようにシルエットを注意します。

次に出した足をまたスタートの姿勢と同じところに戻します。

これがインディアンステップの片側です。

次に反対側も同じようにやります。

足を出した時につま先の向きに注意しましょう。

カウントはスタート姿勢から、ワンで足を前に出し、ツーで戻します。

スリーで反対側の足を前に出し、フォーでまたスタート姿勢に戻します。

これの繰り返しです。

重心の話をします。

少し上達したレベルの話です。

スタート時には両足に均等に体重がかかっています。

足を出した時に、前に出した足に体重をかけるのではなく、あくまで重心はスタート時の位置である後ろ側に残しておきます。

つまり、足を前に出しますが、横から見ると足先から頭にかけて少し斜め後ろに引いた形となっていることが大事です。

このように簡易的なステップではありますご、シルエットをかっこよくすることはなかなか難しいです。

最後にもう1つ大切な事を言います。

インディアンステップをはじめとし、これから出てくるステップにおいて基本は踵は地面に着かずつま先で行うということを覚えておいてください。

たくさん練習し、自分でかっこいいと思えるインディアンステップを身につけましょう。

練習時には、鏡があれば何度も確認し、前からだけでなく左右からもチェックしましょう。

あるいはこれからのすべてのステップについて言えますが、上達のための近道は動画撮影をすることもお勧めします。

それぞれのBBoyによってインディアンステップも様々です。