1.フットワークにおけるキックとは

ブレイクダンスにおけるキックとは、フットワークの姿勢で相手に向かってキック、つまり蹴るという動作を表現したもので、まさに戦いの中で生まれたステップであると考えられます。

このキックを中にはC.Cとまとめて言ってしまう人もいれば、スウィーピングという人たちもいます。

キックという名前が動作を表しており、覚えやすいしわかりやすいのでこのワードを使っていきたいと思います。


2.キックのやり方

ステップのやり方の説明です。

フットワークのしゃがんで前を向いた姿勢からスタートします。

もう一度確認しますが、フットワークのときには基本常にかかとは浮いていてつま先立ちになっています。

練習時に確認しましょう。

左右どちらからでも構いませんが右から説明します。

C.Cの時と同じように、右手をお尻の少し後ろ近くに着手して体重を乗せます。

右脚を前に出し、つま先の外側部分で地面をしっかりと踏み、ブレーキをするような感じでグッと力を入れます。

このときにポイントがあります。

右脚は軽く膝が曲がっている状態であることが望ましいです。

そのほうが体重をかけ、地面をしっかりと踏むことができるからです。

次に右手と右足に体重をしっかりときけながら左脚を前に蹴り出しにいきます。




左脚の膝を右脚の膝に付けるようにして、前に向かって膝下でキックするスタイルか、右側に大きく捻ってキックするスタイルに大きく分かれます。

少し内股を作る感じでキックをします。

このとき視線は必ず前を向いており、胸も地面に向けることなく前を向いたままか、右側に少し傾ける程度にしてください。

ブレイクダンスの各ステップには様々なスタイルがありますが、右手右足で支えてキックする場合もありますし、右手側に左手も地面に着手してキックするスタイルもあります。

キックを終えたらキックした足、つまり左脚からまたお尻の下に戻し、次に右脚もお尻の下に戻ししゃがんだ姿勢をまた作ります。

これで片側の一回になります。

同じように左側も行います。

上達に合わせて本当に様々なスタイルがありますので挑戦してみましょう。

このフットワークで大事なことはキックをするということです。

その意味が含まれていれば形は自分でかっこいいと思うスタイルを上達段階で整えていけばいいです。

鏡を見ながら形を確認し、練習しましょう。

ブレイクダンスはオリジナル性が大切な観点でもありますので左右で形に差をつけたり、キックの感じを変えてみたり、最初の軸となる脚の出す方向を変えてみたりいろいろと試してみて、自分のキックフットワークの幅を広げていきましょう。