ベビーウィンドミルは足を組んだ状態でウィンドミルをする、ウィンドミルの派生技です。

ウィンドミルと比べて難易度も高いため、この技ができると周りのダンサーから一目置かれることになります。

ベビーウィンドミルはブレイクダンスの技の中でも、ほとんど上半身だけで回る特殊な技なので練習初めは感覚が掴みにくいかと思います。

そこで、今回はベビーウィンドミルの踊り方と練習初めにやってしまいがちな間違いについて紹介していきます。

1.ベビーウィンドミルの踊り方とよくあるミスについて

ベビーウィンドミルは足を組んだ状態で回るウィンドミルです。

コンパクトになっている分スピーディーに回ることができ、この技をできる人口もウィンドミルと比べて少ないため、習得できるとムーブのレベルが一気に上がります。

1.ベビーウィンドミルの踊り方

ベビーウィンドミルのやり方については、左軸の方向けの内容で解説していきます。

右軸の方は左右を入れ替えてお読みください。

また様々な入り方ができますが、今回はチェアからの入り方になります。

まずはウィンドミルと同様にチェアの姿勢から足を振ります。

崩す瞬間に、足の振りの流れのまま、あぐらをかくように足を組みます。

この時、左足が前で右足が後ろに来ます。

地面に背中がついたら、上半身を思い切り右側に返して体を浮かせます。

浮かせたときに、頭だけが地面についているような姿勢になるようにしましょう。

この体勢まで来ると、足を組んでいる姿勢をキープしていれば勢いで2周目の背中まで来るので、背中に乗った瞬間また上半身を強く右に返して体を浮かせます。

この繰り返しでベビーウィンドミルは連発ができます。

2.ベビーウィンドミルのよくある間違い

ベビーウィンドミルは体の使い方がウィンドとは全く異なるため、よく間違いに気づかないまま練習を続けてしまうことがあります。

ベビーウィンドミルに限らず、ブレイクダンスのパワームーブはこう行った間違いに気づくことができるとより習得が早くなるので参考にしてみてください。




まず一つ目のありがちな間違いは、崩しの時に足を組まずに縮めるだけになってしまうことです。
この場合、見た目はベビーウィンドミルに近くなるのですが、足のバネを使って体を返すため、本来のベビーウィンドミルとは力の使い方が全く違うものになります。

そのため、最初は足を縮めるところから始めて徐々に組んでいこうとすると、どうしても力の使い方が違うため足を組んだ状態でのベビーウィンドミルができなくなってしまいます。

練習する場合は難しいですが、最初から足を組んだ状態で練習をしましょう。

二つ目は、返しの時に足を強く蹴ってしまうことです。

これは、実際にベビーウィンドミルの練習をしてみると、返しのところで失敗することが多いため、ここを乗り越えようとして強く蹴るようになってしまいがちです。

しかし、足で返そうとして強く蹴るのはやめましょう。

ベビーウィンドミルは体をコンパクトにして回る分、遠心力が中心に集まっています。

そのため足を強く蹴ると、それだけで激しくぶれて回転のエネルギーが散ってしまいます。

また、強く蹴り上げるとそれだけ体が高く浮いてしまいます。

すると体が浮いたのち、より強い落下のエネルギーがかかるため、腰から地面にぶつかってしまいます。

腰をよくぶつけてしまう人は、組んでいる足が解除されない程度の力だけを入れてやるようにしてみてください。

ベビーウィンドミルはほとんど上半身だけの力で回ります。

返しの時に、左手で右側の地面を思い切りパンチしに行くような気持ちで上半身を返してみてください。

すると、右肩に乗り、頭に乗り、背中に乗るというような順番で体重が移動します。

これを繰り返すことによってベビーウィンドミルは回転を保ちます。

あまり遠心力を使うというような感覚はありません。

また、ベビーウィンドミルができるようになると、一気に上半身の使い方が上達します。

すると、通常のウィンドミルも足だけでなく上半身も使って加速できるようになるため、ウィンドミル自体のスピードも上がります。

ブレイクダンスの技の中でも難易度が高い技なので、コツを掴むまでに時間がかかるかもしれませんが、とてもかっこいい技なので上半身の力を使って回転するということを意識して練習してみてください。