1.ドロップとは

ブレイクダンスにおけるドロップとは立ちで踊るトップロックのポジションから床に手を着くフットワークや背中を床に着けるフロアームーブという下のポジション入っていくための動作のことを指します。

ドロップはゴーダウンやニードロップなどといわれることもあります。

要は立ち姿勢から床に近いポジションへの変化するための動きです。

ルールなんてもちろんありません。

ただジャンプしてしゃがむだけでもドロップになります。

あるいはバック宙返りをしてしゃがんでもドロップになります。

どんな動きをしても構いません。

ドロップはかなり自由度の高い要素になります。

またフットワークやフロアームーブのように身体の使える部分が制限されていないため、手も自由に使えますし、姿勢も自由に変えられます。

つまりドロップはブレイクダンスにおいて自分のスタイルを作りやすい要素であるといえるのです。


2.基本ドロップ

その中でも基本ドロップはもちろんあります。

ここでは三つ紹介します。

まずはこの三つを練習し、上達に合わせて他のドロップを考えていきましょう。

すべて左手軸の方向での練習方法の説明をします。

一つ目は、左足を前方方向に出したトップロックから脚を戻すときに大きく左後ろに引き、左手が地面に着ける状態になります。




そこから左脚を前方にキックしながら右脚はフットワークのときのようにお尻の下に入れます。

そして左脚も前方方向へキックした後お尻の下に戻します。

このドロップの名前は聞いたことがありませんが、基本中の基本ドロップです。

二つ目は、キックダウンと呼ばれるドロップです。

肩幅くらいに開いて立った状態から、左足を右足の位置に軽くジャンプして移動させます。

その瞬間に右足は後方、あるいは横方向にキックします。

そのキックした反動で右足が戻ってくるときに右足首あたりを左脚の膝裏に当てながら脚を曲げて座る姿勢に落ちていきます。

このとき、左脚が前にかかっているフットワークのC.Cの形になるはずです。

これがキックダウンです。

三つ目のドロップです。

三つ目はコルクスピンといわれるドロップです。

ワインのコルクを開けるときのように回転しながら下に入っていくドロップです。

肩幅くらいに開いて立った状態から右足軸に体重をずらしながら左向きに回転してしゃがんでいきます。

すると半回転して後ろを向いたあたりで左脚は右脚にかかり始めます。

そのまま右脚に左脚を巻きつけていくようにしてさらに半回転して前を向いてしゃがんでいきます。

先ほどのキックダウンと同じようにフットワークのC.Cと同じ形になると思います。

ここにはブレイクダンスの基本の三つのドロップをあげましたが、上達に合わせて自由に作っていってみましょう。