1.フロアートラックスのやり方

ブレイクダンスにおけるフロアートラックスとはフロアーに背中を着いて仰向けになった状態からスタートし、頭を軸に横回転し基本チェアー、あるいは基本ハイチェアーになる動きのことをいいます。

つまりフロアートラックスとはチェアー系の技に寝た状態から入る動きなのです。

この技はブレイクダンスにおいて象徴的な動きでもあります。

フロアートラックスを身につけることで床の動きから上に上がる動きへ繋げることができます。

具体的なやり方をみていきます。

右回転をして左手軸でチェアーをする場合です。

フロアーに背中を着いたところで、まず左足はしっかりと地面を垂直に蹴り腰をあげます。

そのときに右脚を高くあげ腰の後ろに空間をつくる練習を何度もします。

そのできた空間に右肘を強く入れようとします。

すると右横脇腹も曲げることになり、そのできた空間に身体が入ろうとします。

その動作に合わせ顎を引き頭を床につけて素早く右回転をします。

側頭部から4分の3周して最終的にスタート時から考えて左側を見るようにします。

回転中に頭に体重をかけると身体が持ち上がりますのでその空間に身体を回転させチェアーの左手軸が刺さるように狙います。

いきなりフロアートラックスをこなそうとすると難しいので、まずは半周してうつ伏せの形になるように練習してみましょう。




うつ伏せで下を向いた状態で左手軸のチェアーを指し両足も地面に着けてみましょう。

それが慣れてきたら足は地面に着かずに空中でキープさせてみましょう。

それができたらほぼフロアートラックスはできます。

すぐに左側に目線をやり、身体を回転させ足の形もチェアーの形にします。

フロアートラックスのポイントは身体を空中に蹴り上げたその時間内に素早く身体を回転させることです。

ですから、右脚の上げと左足の地面の蹴り上げと、頭のもぐりと右手の勢いがすごく重要となります。


2.フロアートラックスの応用

上達の第一段階としてフロアートラックスをしてチェアーの形を様々に変化させてみましょう。

また右手は添えずに左手軸のみで行なったりしてみましょう。

それもできたらフロアートラックスから三点倒立に持っていくことにも挑戦してみましょう。

スタート時から右回転に持っていく段階でかなり顎を突き上げ、頭頂部を地面に着けるように目線を上に上げます。

そして右脚の上げ、左足の地面の蹴り上げをもっと強くすることで身体をもっと上に持ち上げることができます。

回転しながら三点倒立まで持っていくことが可能です。

これはかなり上達の段階です。

ブレイクダンスの動きのなかには少し首に負担もかかる危険もありますのでフロアートラックスが簡単にできるレベルになったら挑戦してみましょう。