ハローバックは倒立している状態で頭を入れて腰を前に出し、横から見た時に「くの字」で止まるフリーズの技です。

ブレイクダンスの倒立系の技の中でも見た目が派手で、色々なムーブから入りやすいため非常に重宝する技になります。

ハローバックは肩の柔軟性が大事になる技なので、今回はやり方と肩のストレッチ方法について紹介していきます。

1.ハローバックの踊り方と練習方法

ハローバックは肩周りの柔軟性を高めることによって、より大きく体を曲げることができるため、クオリティが一気に高くなります。

しかし、肩が固い方は初めのうちは満足のいくクオリティが行うのが非常に難しい技でもあるので、コツコツと練習してうまくできるようにしていきましょう。

1.ハローバックのやり方とポイント

ハローバックには入り方が二通りあります。

一つは倒立している状態から頭を入れる方法で、二つ目はブリッジをしている状態から下半身を上げる方法です。

肩周りが固い人は倒立から入り、柔らかい人はブリッジから入る方がやりやすいかと思います。

倒立からやる場合は、倒立よりも少し広めに手をつき頭を入れると同時に腰を前に出します。

この時、頭があまり入っていないのに腰を前に出しすぎると、腰の方に重心が偏ってしまい倒れてしまうので自分の肩の柔らかさに合わせて調節していきましょう。

また、ポイントとして手を内側に向けておくと肩甲骨が開いて肩を入れやすくなるのでやって見てください。

ブリッジから入る場合は蹴り上げる向きに注意しましょう。

最初から肩を入れている場合はいいのですが、最初に肩が入っていない場合は真上ではなく、頭の方向に斜め45度くらいに蹴り上げると肩が入るため止まりやすくなります。

足の形は様々バリエーションがありますが、よく使われる形はハの字に開いて胸に寄せる方法、足を組むようにして胸に寄せる方法、もも上げのような形で片足を上げ逆側の足を腰の方に伸ばす方法、両足を腰の方に伸ばす方法があります。

足を腰の方に伸ばす方法は、重心が腰によってしまうので難易度がぐっと高くなります。

なので最初はハの字で練習するのがハードルが低いです。




また、バランスを取るためのポイントとして、手の位置に重心がこないといけないため、肩を入れることができないと、腰に重心が偏ってしまうので肩入れを最も重要視して練習しましょう。

初めのうちは肩を入れるのが難しいですが、下を向くような形で頭を入れると綺麗に見せることができます。

2.ハローバックの練習方法とストレッチ

ハローバックの練習方法として、最も効果的な方法は壁を使って行うことです。

壁の正面に立ち、手を肩幅より少し広めに開き倒立をしましょう。

その状態で足を卍型にし、片足を壁につけてキープします。

この時、ただ壁にもたれかかるだけだと、壁がないとできない重心になってしまうので、なるべく肩を入れることを意識して、少し壁を足で押しましょう。

これを続けることによって、肩の柔軟性も少しづつ養うことができます。

それと並行して、倒立している状態から一気に頭を入れる練習もしましょう。

壁に頼ってばかりの練習だけだと、壁なしでやるのが難しくなってしまうので必ず並行して行うことをお勧めします。

続いて、ストレッチ方法についてです。

ストレッチは二つあります。

一つはタオルの両端を持って体の後ろを通して伸ばす方法。

もう一つはブリッジの状態で、足を使い体を頭の方向に持っていく方法です。

ブリッジの方はある程度の柔軟性がないと難しいですが、こちらの方が実戦に近いため、できる方はこちらの方法で伸ばすと良いでしょう。

肩周りのストレッチはブレイクダンス全般で役に立つものなので、ぜひとも続けてください。

ハローバックはフリーズの中でも、会場が盛り上がりやすい技の一つです。

また、ブレイクダンスにおいてフリーズをがっちりと決めれるかどうかは非常に重要なポイントになってきますが、長い時間止まれるとことでよりしっかりと見せることができます。

中でもハローバックは両手で行うため、できるようになると片手のフリーズよりも長時間止まることができます。

これができるようになると、バトルやショーケースでも大活躍できるようになるので、ぜひ自分のものにしてください。