1.ハイチェアーとは

ブレイクダンスにおけるハイチェアーとはチェアーの状態で身体の向きが上を向いている状態のことを指します。

チェアーのときは軸の左手の肘がへその横脇腹あたりに付いていましたが、ハイチェアーのときは完全に横、あるいは背中側に肘を付けて支えます。

チェアーと同じようにハイチェアーの軸についても何度も練習し、自分の位置を見つけましょう。

この軸手の位置での姿勢はなかなか経験したことがないと思いますので慣れるまでに時間が必要です。

ブレイクダンスにおいてチェアー系の動きは大変重要な要素です。


2.ハイチェアーのやり方

まずは基本のチェアーを作ります。

この基本チェアーでは上半身は少し前を向いていると思います。

上半身を少しずつ上に向けていきます。

こうすることで軸手の位置がへその横脇腹あたりから少しずつ真横にずれていきます。

さらに上半身を上に向けていくと軸手は後ろ側にずれていきます。

前方に添えている右手は頭の上あるいは後方に持っていき地面に着手しておきます。

このとき足も変化させましょう。

前方にある左脚はも曲げてしっかりと地面に足の裏をすべて着地させます。

上に上がっている後方に引いた左脚はそのまま下へ着地させます。

頭は側頭部から徐々に後頭部あたりまでずれていきます。

側頭部寄りの後頭部を着き、左手軸は背中側にまわり、両足を着地した状態になります。




ブリッジの状態に似たような形になっていると思います。

まずはこの姿勢に慣れるようにします。

基本のチェアーからこの姿勢に変化させることを何度も練習しましょう。

慣れてきたら左脚を右脚の上に乗せてフリーズの形を整えます。

ここまできて基本のハイチェアーです。

このハイチェアーにも応用があります。

かなり上達の段階になりますが、左手軸は背中側に、右手は頭より出来るだけ後方に保ったまま脚の変化を行ないます。

先ほどの基本チェアーの変形よりも段違いに難しいです。

基本ハイチェアーの形から脚を上に上げてみましょう。

両足とも上がります。

基本ハイチェアーの状態での三点倒立のようなことになります。

後頭部と手で支えている状態です。

この時のポイントは上から見て、左手軸と頭、右手が少し三角形を描いている必要があります。

三角形を描くほど左手の軸の位置や右手が遠くに着くにはある程度の肩の柔軟性が必要です。

柔軟性が足りないと左手、頭、右手が一直線になってしまっています。

そうすると脚を上げることはほぼできません。

脚を上げる上達レベルには柔軟性が不可欠となります。

このようにブレイクダンスにおいて柔軟性も大きな要因となってくることがわかります。

基本ハイチェアーをマスターし、自分の柔軟性についてもここでまた着目し、上達レベルまでこなしましょう。