ジョーダンは倒立の状態で片手で地面を支えポーズをとる、ブレイクダンスの中でも代表的なフリーズです。

名前の由来は、ポーズがエアジョーダンのロゴマークに似ていることからつけられています。

ジョーダンは見た目こそ派手ですが、コツを掴めばそこまで難易度の高い技ではないので、初心者の方はぜひ参考にしてみてください。

1.ジョーダンの踊り方とコツ

ジョーダンについては軸手と同じ手で地面を支えましょう。

逆手で練習してしまうと、チェアから上げてジョーダンを決めるなど、つなぎの面で少しやりづらくなってしまう可能性があります。

1.ジョーダンの踊り方

それではやり方についてですが、まずは倒立をします。

倒立から一気に片手に体重を乗せて、ポーズを決めます。

ポーズについては色々なバリエーションがありますが、オーソドックスなものだと足を開脚し、片足は伸ばし、もう片方の足を曲げるポーズです。

ジョーダンの手順は多くないので、自分の中で形を決めて、一瞬でその形に持っていくような意識で練習をしましょう。

2.ジョーダンのコツ

ジョーダンを失敗するパターンは大きく分けると二つあります。

一つは腕が崩れてしまい、下に落ちるパターン。

二つ目は、バランスが取れずに横に倒れていくパターンです。

一つ目の腕が崩れてしまう方は、地面に着いているほうの腕を真っ直ぐ伸ばす意識をしましょう。
また、ポーズを取る際に必ず体を動かすことになると思いますが、この時エネルギーの動きについて意識してみましょう。

例えば、上記で紹介したようなオーソドックなポーズを取る場合、伸ばしている足を体に引きつける形になります。

なので、この時足から下向きのエネルギーが発生します。

この下向きのエネルギーが相殺できるように、頭を伸ばしている足に引きつけます。

すると、エネルギーが上手く相殺されて、あまり力を入れずにフリーズをピタリと止めることができます。




ジョーダンに限らず、ブレイクダンスのフリーズではこのエネルギーの向きについて考えると、最小限の力でフリーズができるようになるので、ぜひ参考にしてみてください。

二つ目の、バランスが取れずに横に倒れてしまうパターンについては、重心を意識しましょう。

ジョーダンは、両手をついている状態から片手に体重を乗せるため、軸が若干ですが地面に着いている腕側に移動します。

それに合わせて体の傾きを調整しないと、軸が崩れて横に倒れてしまいます。

横に倒れる場合は、倒れる向きにエネルギーがかかってしまっているということでもあるので、微調整していけば止まれる位置を見つけることができます。

人によっては一度跳ねて、倒立の重心があったポイントに片手を持ってくる方法でやる方もいるとは思いますが、それで横に倒れている場合は正しい軸に持っていけていないということなので試行錯誤を繰り返してみてください。

1.ジョーダンのつなぎ方

ジョーダンを練習するのであれば、ぜひつなぎの練習もしておくと後々便利です。

ジョーダンは倒立から入るのが最も簡単です。

なので、倒立につなぐムーブを練習しましょう。

オススメは、チェアからの倒立上げと三点倒立からの倒立上げです。

チェアや三点倒立は色々なフットワークやパワームーブから入ることができるため、この練習をしておくと、いつでもジョーダンに持っていくことができます。

そして、もっと難易度の高いものだと、後転からジョーダンに上げる練習もオススメです。

初めのうちは倒立を挟んでも良いですが、後転からきれいにマックスができると、それだけで会場が盛り上がります。

この三つができるようになれば、ジョーダンを使う幅は非常に広がります。

ジョーダンはブレイクダンスのフリーズの中でも、すごく見栄えがいいのでぜひとも実戦で使えるようになってください。