ブレイクダンスの中にはたくさんのパワームーブがありますが、どの技も全身の筋肉を使います。

また、できるようになった技も筋トレをすることで早く回ることができるようになります。

今回はそんなパワームーブに必要な筋トレメニューについてご紹介していきます。

1.体幹のトレーニング

パワームーブでも技によって使う筋肉は少しずつ違ってきます。

しかし、腹筋や背筋などの体幹に関しては、どの技にも共通していい効果をもたらします。

というのも、基本的にパワームーブは体を固めたり、ねじれを使ったりすることで回転しています。

そのため、この体幹を鍛えることで回転の速度を上げることができるのです。

1.フロントブリッジで体全体を鍛える

体幹トレーニングの代表的なメニューとも言えるのが、フロントブリッジです。

やり方は、両肘とつま先を地面につき、体全体がまっすぐになるようにして地面から浮かせます。
腰の高さが低くなったり高くなったりしないように気をつけましょう。

この筋トレのいいところは、腹筋だけでなく腿や背筋や肩周りなど、ブレイクダンスに必要な筋肉を幅広く鍛えられることです。

タイマーを使って時間を測ると、目標時間に向かって取り組むことができるので、より長い時間に挑戦する場合は試してみてください。

初めのうちは1分でもかなり辛いですが、慣れてきたら時間とセット数を増やしていきましょう。

また、ここでも好きな曲をかけ、一曲が終わるまでというような工夫をしてトレーニングを楽しんでいきましょう。

2.パワーだけでなくフリーズにも効くサイドエルボーブリッジ

サイドエルボーブリッジは、体の側面の筋肉を鍛えることができます。

側面の筋肉を鍛えることによって、パワームーブの速度が上がるだけでなく、パワームーブからチェア等のフリーズを決める場合にも足をつかずに成功させることができるようになります。

やり方は、片肘と片足を地面につき、フロントブリッジと同様に体をまっすぐにキープします。




通常の姿勢でできるようになったら、次は上の足を上げて、大の字を横にしたような姿勢で行いましょう。

また、可能な人は上げた足を円を描くように動かしましょう。

この動きを加えることによって、トーマスに必要な足の付け根の筋肉も同時に鍛えることができます。

2.ダンスの動きを筋トレに取り入れる

少し上級者向けの内容にはなりますが、ブレイクダンス自体の動きを筋トレに取り入れることで、技の練習をしながら筋トレをすることができます。

1.タートルタップで背筋を鍛える

タートルタップは背筋と足の裏側の筋肉を鍛えることができます。

これがスムーズにできるようになると、クリケットなどのハンド系のパワームーブが上達しやすくなります。

やり方は、両手を地面につけ、肘を腹筋の少し外側にさして、足や頭を地面から離します。

そして、手で頭の斜め上くらいの位置をタッチします。

この時、タッチする腕と逆側の腕に全体重を乗せましょう。

初めのうちはこの動き自体が難しいので、足を着きながらでも構いません。

2.スワイプスで回転に使う筋肉を鍛える

スワイプスができる方は、自分の限界までスワイプスをやるというのも、かなりの筋トレになります。

スワイプスは他の回転する技と比べて、回数が増えるごとに勢いがついて楽になるということがほとんどありません。

そのため、一回一回自力で下半身を回さないといけないので、体をひねるための筋肉がつきます。
また、足音を立てないように意識することでハムストリングにも負荷をかけることができます。

このように、他の技に繋がずに一つの技を行うことで、パワームーブに効く筋トレをすることができます。

まだパワームーブができない方は、体幹や腕のトレーニングをすることで早く技を習得し、既にパワームーブができるけどもっと精度を上げたいという方は、パワームーブ自体を筋トレとしてメニューに組み込むことで、よりクオリティの高いムーブができるようになります。

筋肉がついてくると、驚くほど技が軽くなるので、ぜひ毎日少しでも時間を見つけて継続して行なってください。