トーマスフレアはブレイクダンスのパワームーブの中でもメジャーな技であり、誰もが一度は憧れる大技です。

しかし、ブレイクダンスのトーマスフレアはその難易度も高く、習得するにはコツをしっかりと押さえた上で長期間の練習が必要となります。

今回は、そんな憧れの技トーマスフレアの踊り方について紹介していきます。

1.トーマスフレアの踊り方

トーマスフレは非常に難易度の高い技なので、まずは基本的な方法と、成功させるためのコツ、2点に分けて解説していきます。

1.トーマスフレアのやり方

ここでは、チェアが左の方向けの内容で解説していきます。

右チェアの方は左と右を逆にして読み進めてください。

まずは、左足を左斜め後ろに引き、左手を地面につきます。

次に引いた左足で円を描くように振り始めます。

この時、右足のふくらはぎを蹴るようなイメージで行ってください。

左足が右足に接近したら、次は右足を上に振り上げます。

なるべく体に引きつけるようなイメージで振り上げましょう。そして、左足が体の前に来たタイミングで、振り上げた右足で外側に円を描くようにして下に振り下ろします。

足を振り下ろすことによって、腰に浮力が発生します。

この時、腰はまっすぐ前にきているはずです。

その次は左足を自分の左上でキープしながら、円を描くように振り下ろした左足を一気に後ろまで振り抜きます。

これができれば、まずトーマスが一周できます。




2周目以降は、1周目と同様に右足と左足の振り下ろしで発生する腰の浮力を使って、周回を続けます。

2.成功させるためのコツ

ブレイクダンスのトーマスフレアを成功させるためには、まず1周目を綺麗にできるように練習をしましょう。

1周目を回すためには、腰が前に行く瞬間の右足の振り下ろしが非常に大事になります。

この振り下ろしが綺麗にでき、腰に浮力を持たせることができると、その勢いだけで1周回すこともできるくらいです。

まずは、右足を振り下ろすことで腰が上がる感覚をつかむように意識して練習しましょう。

また、連発する場合ですが、これは左足のキープとその瞬間に右手に体重を乗せる感覚が重要です。

ここのポイントが綺麗にできるようになると、腰が後ろに来たタイミングでの腰が上がるようになるので2周目以降に繋ぎやすくなります。

また最初は腰の軌道についても注意が必要です。

腰が円運動を描くことができないと回転が収束して、だんだんと腰の高さが下がってしまいます。

練習の時は常にバランスを崩さない程度に腰が遠くを通るようなイメージで行いましょう。

トーマスが連発できるようになるためには壁が二つあり、一つ目は1周回れるようになる壁と、連発できるようになる壁があります。

人によっては1周ができるようになってから時間がかかることもあり、一朝一夕でできるような技ではありませんが、気長に取り組んで自分のものにしていきましょう。