トラックスは背中が床についている状態から、フットワークやフリーズにつなぐことができるため、様々なシーンで重宝するブレイクダンスの技の一つです。

地域によってはフロアトラックスやジローと呼ばれている場合もあります。

トラックスには見た目の派手さはありませんが、突き詰めると奥が深く様々なシーンで活躍する技なので、かっこよく見せる方法や使い道について紹介していきます。

1.トラックスの踊り方とコツ

トラックスは技単体としては難易度も低く、見た目も派手ではないのですが、とにかくつなぎで重宝する技です。

踊り方については左軸の内容で説明するので、右軸の方は右左を逆にしてお読み下さい。

1.トラックスの踊り方

まずは仰向けになります。

左足を曲げて足を地面につき、右足は伸ばしておきます。

右足を上に蹴り上げると同時に左足で地面を蹴り、下半身と腰を浮かせます。

腰が浮いている間に上半身を右向きに半回転し、手で地面をキャッチしてチェアの形になります。

体を浮かせている間に手を入れて体を支えるだけなので原理は非常にシンプルですが、始めたばかりの方は腰が高く上がらず、手を入れるスペースが確保できないことがあります。

2.トラックスを成功させるためのコツ

トラックスは難易度は低いとはいえ、少し変わった動きなので感覚がわからないと習得するのに時間がかかることがあります。

トラックスができない場合は腰が上がりきらないため手を入れるスペースが確保できないことが原因になっていることが多いです。

これは、蹴りの力が足りていない場合もありますが、実は蹴り上げる方の足が重要になってきます。

蹴り上げる足は上に振った次の瞬間に下に下げるようにしましょう。

すると、足が下がる反動で腰に浮力が発生します。




下に振りすぎると地面についてしまうように思えますが、すぐに上半身を返せば足の向きも変わるため特に心配する必要はありません。

まずは足を振り上げた後にすぐ下ろす動きで腰を浮かせる感覚を掴みましょう。

続いてありがちな失敗の原因は上半身の返し方です

上半身を返す際に真横に返してしまうと、どうしても腕や肩が邪魔になってしまいます。

右手は腰の下を通るような軌道で通すと、障害になるものがないのでスムーズに返すことができます。

また、返しは一気にやらないと下半身が落ちてきてしまうので、腰が浮いた瞬間に一気に返しましょう。

2.トラックスの使い方

トラックスができるようになると、ムーブの幅が一気に増えます。

初めのうちはどこで組み込むのかがわからないと思うので、使い方やつなぎについても紹介していきます。

1.トラックスを使うタイミングとつなぎ

トラックスは地面に背中が付いている状態からしかできません。

そのため、使うタイミングはスレッディングで地面に背中をついた時やストマックを行った後に使うことが多いです。

トラックスというとチェアで終わるイメージが強いですが、ムーブの途中に挟むこともできます。

これが、トラックスが重宝する最大の理由です。

ムーブ中に床に背中をつく動きからトラックスでフットワークに戻ることによって、動きの中に高さの変化をつけることができるため、見飽きないムーブをすることができるようになります。

ブレイクダンスのフロアでは、このように高さに変化を加えることによって、より奥深いムーブができるようになるのです。

また、トラックスの流れのままスワイプスにつなぎ、パワームーブに入ったりすることもできるため、あらゆる動きにつなぐための技になります。

このようにトラックスはブレイクダンスのムーブに高さをスムーズに切り替えることができるようになるため、必ずマスターしてほしい技のひとつといえます。