1.ウインドミルのやり方

ウインドミルはブレイクダンスにおいてかなり代表的で有名な技です。

ブレイクダンスをやる上でウインドミルをやれるようになるということはかなり大きな目標であると思います。

しっかりと身に付けていきましょう。

ウインドミルの練習方法には大きく2パターンあります。

チェアーからスタートする方法と、寝そべった状態からスタートする方法です。

チェアーが左手軸の方向で説明していきます。

一つ目のチェアーからスタートする方法です。

まずはチェアーが余裕をもってできるということが前提になります。

チェアーの状態で開脚します。

チェアーに左手軸を刺したまま、脚を大きく開脚したまま腰から降って円を描きます。

開脚をキープしたまま前後に振る練習を何度もしましょう。

それができるようになってきたら、開脚を振って左足が地面スレスレを通過するタイミングで左側頭部を地面に擦りながら顎を上げ、目線は進行方向を見ながら上体を後方に引いていきます。

すると、左手軸が徐々に横脇腹から外れていきます。

このようにしてチェアーの状態で脚を大きく振り、脚の振りとそのタイミングに合わせた頭の引きによって身体を大きく回転させスタートします。

身体が転がり、床に背中が着きます。

そのときに猫背を作り、腕は胸の前、あるいは顔の前で軽く揃えるようにして形を作ります。




上体がボールになったようなイメージで背中の上の方でなるべく小さい一点で軸を取り回ります。

このまま上を向いたまま回転をすればバックスピンという技になります。

ウインドミルをやるにはこの状態になったらすぐに右に頭を地面に着けて身体を回転させます。

頭に体重を乗せ、脚が浮いている間に一回転します。

これでウインドミルの一回転になります。

二回転目からも同じように背中が地面に着いたらすぐに右回転をして素早く回りましょう。

二つ目の寝そべった状態からのウインドミルを説明します。

左脚は前方に伸ばし、右脚を大きく右側から円を描きながら振り始めます。

右脚が顔の前に来たあたりから左脚もその開脚をキープしたまま回転させます。

そこからはチェアーからのときと同じように側頭部から右回転を行ない素早く回ります。

どちらのやり方でもできるようにしておきましょう。


2.ウインドミルの応用

練習を重ね上達していき、ウインドミルが二、三回転できるようになったら最後の回転時にうつ伏せになった瞬間に左手をチェアー軸に刺します。

ウインドミルからのチェアーフリーズです。

あるいは、ブレイクダンスの技において上達した段階では様々にその種類は存在します。

例えば回転中に両手を股間のほうに伸ばし、手を使わないノーハンドウインドミルにも挑戦してみましょう。