バッファローはアクロバットの技の一つです。

斜めうしろに回転する立体的な動きで、ブレイクダンスのアタックムーブに混ぜる方も非常に多い技です。

1.バッファローの踊り方と練習方法

バッファローは、別名フォーリアと呼ばれていることもあります。

バク宙などと比べると斜め向きの回転が加わっているため、着地した流れでムーブに入りやすいです。

そのため、最初にインパクトを持たせるためのアタックムーブで使用しているダンサーが多いです。

1.バッファローの踊り方

バッファローは片足で踏み切り、斜め後ろ方向に宙返りをします。

バク宙ができなくてもできるという方もいますが、やはり宙返りをする技なので立ったままの状態でのバク宙をできるようにしておいた方が恐怖感もなくやることができます。

まずはやり方ですが、ここでは左足で踏み切る場合のやり方で説明します。

逆足で踏み切る方は左右を入れ替えてお読み下さい。

まずは、助走をつけます。

助走の距離を伸ばして勢いがつきすぎると前方に流れてしまい、かえってやりにくくなってしまうので、1〜3歩ぐらいがちょうどいいかと思います。

飛ぶ瞬間左足を軽く曲げ力をためます。

それと同時に両腕をうしろに振って飛ぶ準備をしましょう。

うしろに振った腕を振り上げると同時に、右足を蹴り上げ体に浮力を作ります。

足を振る方向は左後ろの方向です。

ここで、しっかりと腕を振りましょう。

踏み切った後は、上半身が置いて行かれないように、下半身をしっかりと抱え込むような姿勢になります。

ここで、しっかりと抱え込みができていないと回転力を失ってしまい、変な向きで落下してしまうので気を付けましょう。




着地は振り上げた右足で行います。

初めのうちは、空中で回転するため着地でバランスを崩すことが多いですが、何回もやっているうちに、着地でのバランスの取り方を体に覚えさせていきましょう。

成功させるためのポイントとしては、腕の振りには特に注意しましょう。

回転するためのエネルギーと体を長く空中でキープするためのエネルギーを腕で作るようなイメージです。

2.バッファローの練習方法

バッファローに限らず、ブレイクダンスのアクロバットは恐怖心との戦いでもあります。

普通の技と比べると高さとスピードが出ている分、失敗するとケガにつながりやすいです。

なので、初めのうちはマットや畳など怪我をしにくい環境で練習することが大切です。

また、恐怖心を打ち消すためにも感覚をつかむための練習も効果的です。

バッファローの場合は、具体的には2パターン練習方法があるのですが、ひとつは最初から後ろ向きに飛ばず、横回転で始める方法。

もうひとつは、全部周り切ろうとせずに半回転して腕で着地する方法です。

横回転で始める場合は、回転を徐々に後ろ向きにシフトしていき、感覚を掴みながら恐怖心がなくなるまで行いましょう。

腕で着地する方法の場合は、最初は側転のようなイメージで行い、次にジャンプして側転にステップアップします。

慣れてきたら側転を片手で行い、最終的には腕をつけずに行うというような具合で段階を踏んで練習していきます。

アクロバットは思い切ってやることが一番の近道であり成功のポイントですが、中途半端に強い勢いでやってしまうのがいちばん危険です。

怪我をしてしまうと、他のブレイクダンスの技も練習できない期間ができてしまうので、くれぐれも安全に気をつけながら練習しましょう。