ラビットはブレイクダンスの縦系の技の一つです。

縦系とは倒立の状態で行う技全般のことを言います。

ラビットは縦系のムーブの中でも最も基礎になる技なので、縦系を強くしたい方はぜひ練習してください。

1.ラビットの踊り方と練習方法

ラビットは、倒立の状態から足の反動を使ってリズムよく跳ねる技です。

ラビットは、片手で行うステッピンの基礎にもなりますが、間違った方法で反動をつける癖が着くとステッピンに結びつかなくなってしまうので、気をつけて練習しましょう。

1.まずは倒立をマスターする

ラビットは倒立の状態で行う技なので、まずは倒立をできるようにする必要があります。

また、倒立も通常の体をまっすぐに伸ばす静止倒立だけでなく、足を卍字にする倒立と膝を抱え込みしゃがんでいるような体勢で行う倒立もできるようにしておきましょう。

ラビットの方法は主に二つあります。

一つは足を抱え込み、上に蹴る反動で跳ねる方法。

もう一つは足を卍型にしたまま左右の足を入れ替えると同時に跳ねる方法です。

一つ目の、上に蹴る方法で行う場合は、抱え込みの倒立をマスターする必要があります。

この抱え込むタイプの倒立は、膝が体の重心よりも前に来てしまうため、初めはバランスをとるのに苦戦するかもしれません。

この体勢でうまくバランスを取るためには、腰を背中側に突き出すようにしましょう。

イメージとしては腰のアイソレーションの後ろの状態です。

ちょうど四つん這いの姿勢で腹筋を伸ばそうとするとその姿勢になります。

最初は膝の方に重心が行くことが多いので、なるべく腰を限界まで突き出すように意識するとバランスが取りやすいと思います。

また、蹴るときにかかとで天井を蹴るようなイメージで行うと、まっすぐ上にエネルギーが向かうので安定させやすくなります。

二つ目の足を卍型にする方法で行う場合は、左右の足どちらが前の状態でも卍型の倒立ができることと、その入れ替えができる必要があります。




こちらの方法は、蹴り上げる方法と違って少し弧を描いて足が動くことになるため、難易度が高くなります。

足の入れ替えの時は、横方向の動きよりも、足が体の重心部分で頂点を通るように意識すると上に飛ぶためのエネルギーを作りやすくなります。

2.間違ったラビットのやり方

ラビットを練習すると、初心者の方は多くの場合、足での反動のつけ方を間違えてしまいます。

これがしっかりできないと派生技のステッピンにも結びつかなくなってしまうので気をつけていきましょう。

よくある間違えとして、膝より下だけで蹴っているパターンがあります。

ラビットの場合は、両腕を使っているため、膝より下の蹴りだけでも上がることができます。

しかし、膝より下だけでやってしまうと、足先の軌道がまっすぐではなく曲線の軌道になってしまいます。

これを防ぐためには、しっかりと腰を突き出して、膝を含み、足の裏で天井を蹴るようにしましょう。

また、上に飛ぶための浮力を作るためには、蹴りの後に足をしっかりと元の位置に戻してあげる必要があります。

そうすることによって、蹴りと戻しの2段階で上向きのエネルギーが発生するため、腕の力を全くと言っていいほど使わずに飛ぶことができます。

この動きは、膝の関節ではなく腰を起点として飛ぶ動きであるため、今後ステッピンを練習する上でもかなり役立って来ます。

ブレイクダンスは一度変な癖をつけてしまうと、後から修正するのにも時間がかかってしまいます。

オリジナリティは必要ですが、最低限の原理に関わる部分はしっかりとやり方を把握した上で練習しましょう。

ラビットがブレイクダンスのバトルで使われる機会は昔と比べると随分減ってしまいましたが、ショーケースでは音も取りやすいためよく使われています。

色々と派生技もあり、自分なりの形を見つけたりすることで会場を盛り上げることができるので、ぜひ縦系をやりたいという方はラビットから始めてみてください。