今回はバク転について解説をしていきたいと思います。

元々はアクロバットの技ですが、ヒップホップダンスでも当然のように使われています。

言わずと知れたバク転は、出来るととても目立つ武器になりますし、憧れる方も多いと思います。

ここでは、怪我をせずにしっかりと習得出来るように解説をしていきたいと思います。


1.まずは後ろに飛ぶ恐怖心を無くそう

バク転は後ろ向き飛んで廻る技ですが、やはり見えない方向に飛ぶと言うのは、いきなり出来ないと言う方が大半だと思います。

ですので後ろの恐怖心に慣れるために、布団などを重ねてクッションを作り、後ろ向きに倒れる練習から始めましょう。

段階としては、立った状態から普通に倒れる事に慣れたら、次は軽くジャンプして後ろ向きに倒れる練習をしてみましょう。

ここまで出来たら後は実際に飛ぶ練習に移っていきたいと思います。


2.絶対に落ちない工夫をしよう

万が一失敗して怪我でもしてしまったら大変な事です。




ですので、絶対に落ちない工夫をしましょう。

レッスンなどで実際にバク転を教える時に行なうやり方で、帯やヒモを使った練習方法があります。

腰に手を置いて補助してもらう方法もあるのですが、なるべく自分の力で感覚をつかんだ方が上達が早いので帯を使う方法がオススメです。

やり方は簡単で、帯を腰に巻いたら左右を誰かにしっかりと持ってもらいましょうを

そうする事で、2人の力で支えているので落ちる事はありません。

こうする事ですぐにバク転が上達します。

補助で気を付けてほしい事は、腰の位置よりも帯を持った手を下に下げないという事です。

下に下げ過ぎると、補助の意味がなくなってしまうので注意してください。

ヒップホップダンスの中にバク転を取り入れる事が出来れば、必ず武器になりますのでぜひマスターしてみて下さい。

それでは、次回は「バク宙のやり方と練習方法|ヒップホップダンスのステップ」です。