今回はチャールストンを解説していきたいと思います。

チャールストンはヒップホップダンスの中でもメジャーなステップで、上達する過程で避けては通れないステップだと思います。

しっかりコツを意識して練習すれば、さほど難しくありませんのでぜひとも習得してください。


1.チャールストンの足の運び方

それではまず、チャ―ルストンの足の運び方を覚えましょう。

簡単に説明してしまえば、2歩進んで2歩下がるです。

足の運びだけで言えばこれだけで、実際簡単に出来てしまいます。

最初に出す足は右足でも左足でも構いませんので、何回か音に合わせてやってみましょう。

当然ですがすぐに出来ると思うので、次は足の出し方をチャ―ルストンに近づけていきましょう。

どうするかというと、足を出すときに半円を描きながら足を出すだけです。

歩くときみたいにまっすぐ足を踏み込むのではなく、半円を描きながら足を踏み込んでください。





1.踏み込んだ足をツイストしてみよう

それでは最後に踏み込んだ足をツイストしてみましょう。

上手くツイストするコツは、踏み込む時につま先を地面につきそのままつま先を支点にかかとを前に出すようにひねるだけです。

前に出すときはもちろん、後ろに引く時もツイストを加えましょう。

引く時も同じで、つま先を支点にかかとを回してツイストしてください。


2.チャ―ルストンの応用

基本のチャ―ルストンが上達して来たら次は応用です。

ヒップホップダンスでは、チャ―ルストンの応用が良く使われます。

一般的に多いのは、チャ―ルストンからクラブステップに繋ぐ応用です。

やり方は簡単で、チャ―ルストンの際に前に出す足を揃えるように踏み込みそこからクラブステップに繋いでいきます。

ツイストをしながらクラブステップに繋ぐのでどちらにひねるか迷うかもしれませんが、最初はゆっくり練習して動きを覚えていってください。

次回は「クリップウォ―クの踊り方と練習方法|ヒップホップダンスのステップ」です。