クラブステップとは、名前から連想できる通りカニみたいに真横に動くステップです。

上達のコツは足首を上手く使う事です。

ヒップホップダンスの中でも、アレンジしやすいステップですので是非とも習得してください。


1.クラブステップのやり方

まずは、どのようなステップなのかという全体像を説明すると、足先で「ハ」の字と「V]のじを交互に作りながら、真横へと動くステップになります。

コツさえわかればすぐに出来ますので、この「クラブステップの方法」を読みながら練習してみて下さい。


1.重心移動をマスタ―しよう

クラブステップの重要ポイントは、重心移動です。

詳しく説明しますと、例えば右にクラブステップで移動するならば、右足はかかとに重心を乗せ、左足はつま先に重心を置きます。

そこから膝を開くように「V」の字を作ると、体一つ分ぐらい右に動くと思います。

今度は先ほどの場所へ戻るために、足の重心は変えずに、膝を内またにしながら「ハ」の字にすると先ほどの位置に戻ってくると思います。

逆向き動く場合には、重心を反対にして動くことで出来ます。

やり方さえわかれば、少し練習すればすぐ上達しますので何度か反復して練習してみて下さい。





2.上半身の動かし方

それでは、足の動きをマスタ―したら次は上半身です。

上半身は基本的に、ダウンは移動方向の肩を下げる、アップは移動方向の肩を上げることでスム―ズに動かすことができます。

上半身がついてくるだけで、かなり見た目がかっこよくなるので、上半身もつけて練習してみて下さい。


2.クラブステップの応用

通常のクラブステップが上達すると、色々なアレンジを加えられるようになります。

ヒップホップダンスに限らず、他のジャンルにも合わせる事が出来るので、応用もやってみましょう。


1.クラブステップの応用のやり方

本来は、左右一回ずつやって、中心に戻ってきますが、片側に3回繰り返して4回目でストップして、逆側は前回解説したロックザボ―トを入れて、わざと統一感をなくしたりする事も出来ます。

もちろんほかの動きでもかまいません。

重心移動も上達してくると、方足でクラブステップが出来るようになります。

片足でやると床が滑っているように見えたりするので、アクセントに最適です。

ヒップホップダンスでは、この「片足クラブステップ」が結構、振付に入ってたりしますので、ぜひやってみて下さい。

では、次回は「基本のコンビネ―ション|ヒップホップダンスのステップ」です。