今回はフライングターンの解説をしていきたいと思います。

フライングの名がつきますが、ジャンプしたり飛んだりはしません。

アイソレーションの技術によってフワフワと浮いてるようにターンする動きになります。

これはアイソレーションの胸のロールの技術が必要になりますので、わからない方は過去の記事のアイソレーションを一度チェックして下さい。

1.足の運びを覚えよう

まずは足の運びを覚えていきましょう。

足の運びは右足を右方向に一歩踏み出します。

次に踏み出した右足を支点にして反時計回りに廻りながら左足を右方向に持っていきましょう。

そしてここで胸のロールが入りますが、入れ方の解説は後で行います。

左足を持ってきたら、最後に右足が左足を支点に反時計回りしてくれば足の運びは完成です。

少しややこしいですが、ひとつひとつを大事に練習すれば必ず上達します。




ヒップホップダンスではひとつひとつを大事に練習する事が、上達の近道だと言われます。


2.胸のロ―ルを加えてみよう

それでは胸のロールを加えてフライングターンを完成させましょう。

胸のロールを入れるタイミングは上記に書いてますので、そのタイミングで胸のロールを入れて、最後に右足を持ってくれば完成です。

フライングターンは足の運びよりも、胸のロールで浮いてる感を出していますので胸のロールが重要だといえます。

胸のロールはヒップホップダンスに限らず色んなジャンルで必要になってきますし、度のジャンルでも重宝される動きです。

練習の踊り始めや、時間がある時などはこの胸のロールを練習する癖をつけておくといいと思います。

ヒップホップダンスではフライングターンは良く使われますので、絶対にマスターしておきたい動きのひとつです。

それでは、次回は「トゥループのやり方と練習方法|ヒップホップダンスのステップ」です。