今回はポップコーンというステップ系の解説をしたいと思います。

その名の通り、弾けるように踊るステップになります。

これまで解説してきた中でもボディバランスが必要になってくるステップだと思います。


1.ポップコーンの足の運び方

まずほポップコ―ンの足の運び方を説明して行きたいと思います。

ポップコ―ンの足の運びは、右足をキック、キックした足を逆足の前に交差するように置く、逆足を左斜め後ろに下げる。

上記の三段階で片側が終了です。

ステップ自体は意外と簡単だと思うので、まずは足の運び方をマスタ―してください。


1.ポップコ―ンの意識する点

先程、ポップコーンの足の運び自体は簡単だと説明しましたが、上達するにはポップコーンの名の通り弾ける感じを出すことが大事です。

まず、スムーズに重心移動するためには着地する時にはつま先で着地し、動き時も同様につま先で地面を蹴るようにすると重心移動が早くなるとともに、「弾け感」が出せると思います。





2.上体はしっかりアップにリズムで

足はスム―ズにステップすることを心掛けながら、体はアップのリズムをしっかりとることによって雰囲気もプラスされさらにかっこいいポップコ―ンになります。

ヒップホップダンスでは、こうした細かなテクニックも上達するには必要ですので、是非ためしてみてください。


2.ポップコ―ンの応用

それではヒップホップダンスの醍醐味である「応用」をやってみましょう。

ポップコ―ンで応用を効かす時は、基本的には最後に斜め後ろに出す足にアレンジを加えることが一般的です。

例えば、斜め後ろに出さずに前に出したり、横に出したりといった感じです。

もちろん最初の足にアレンジを加えても構いません。

前にキックするところを後ろや横にキックしてみるのも面白いかもしれません。

簡単なステップですが、アレンジがほぼ無限大にあるので上達して来たらポップコ―ンだけで踊れるようになるかもしれませんし、実際にポップコ―ンを得意として動きの大半にアレンジを加えてポップコ―ンを使ってるヒップホップダンサ―もいます。

それでは、次回は「キックステップの踊り方と練習方法|ヒップホップダンスのステップ」です。