今回はラコステというステップの解説をしていきたいと思います。

ラコステはステップというよりも、アイソレーションに近い感じで足首の捻りを利用して踊る動きになります。

ラコステ単体で使われる事よりも何かと組み合わせて使われることの方が多いので、基本のラコステをマスターしたら色々なステップに組み合わせてヒップホップダンスを上達していきましょう。


1.ラコステのやり方

ラコステはそんなに難しいステップでもなく、すぐに上達できると思いますのでやり方からすぐに入っていきたいと思います。

過去の記事に「クラブステップ」という動きを解説しましたが、実はラコステもクラブステップのように重心を左右の足でつま先とかかとで分けることで、スム―ズに出来ます。

まずは、足を肩幅ぐらいに開きます。

この状態から体をひねり横を向くだけなのですが、その際に注意すべきコツがあります。

それは先ほど説明した重心です。

例えば右にひねる時は右足はかかとに重心を乗せ、左足はつま先に重心を乗せることによってただ横にひねるよりも不思議な動きに見せることができます。

これがラコステになります。




上達するまでにさほど時間はかからないかと思いますが、しっかりと練習して応用できるようにしておきましょう。


2.ラコステの応用

ラコステは細かいステップですので、応用やアレンジが沢山あります。

今まで解説したステップに組み合わせる事も出来ますし、ラコステ自体にアレンジを加える事も出来ます。

例えばランニングマンにラコステを加えたいならば、二回目に後ろ足を下げたときに入れればスム―ズにランニングマンにラコステを加える事が出来ます。

ヒップホップダンスにとってラコステはアクセントにもってこいのステップですので、基本の形は必ずマスタ―して頂きたいと思います。

ラコステ自体にアレンジを加える場合は、両足の重心をかかとにして前向きに開くようにつま先を左右に開いたり、横で捻りを止めずに半分までひねってみたりと多種多様です。

ですが、ヒップホップダンスで忘れてはならないのが基本あっての応用という事ですので基本の形が上達するまでは、しっかりと反復練習しておきましょう。

それでは、次回は「リーボックの踊り方と練習方法|ヒップホップダンスのステップ」です。