スライドというステップはその名の通り、滑るように横へ移動する動きです。

ヒップホップダンスに限らず様々なジャンルで活用されているので是非とも練習してみてください。

1.スライドのやり方

ではまず、スライドのやり方ですが、大きく分けて二段階です。

正面を向いて右方向に移動する場合は、その場から右足を大股一歩分ぐらい右方向に出します。
この時のコツは右足のつま先は移動する方向に向けてください。

つま先を移動方向に向ける事で膝が開くと思います。

膝が開くことにより、「引っ張られた感」が出るので見ている人たちからは地面を滑っているように見えます。

この「引っ張られた感」は非常に大事です。

次に、右方向に出した右足に寄せるように左足と体を持って行きます。

この時に左足は地面を引きずるように持ってくると滑っているように見えやすくなります。

最後に寄せた左足が右足まで来て揃えば、片方向は終了です。






1.スライドのリズム

スライド自体はかんたんだったと思います。

スライドの動きを覚えたなら次は、リズムに合わせてスライドすることです。

先ほど説明した「右足出してから両足を揃えるまで」にかかるカウントはワン、ツーです。

ワンで右足をふみこみつつ左足を寄せる。

ツーで、両足を揃える事ができると動きのタイミングもよく、かっこいいスライドができると思います。




しっかり練習すればすぐに上達しますし、スライドはヒップホップには欠かせないステップなので上達するまで繰り返し練習しましょう。






2.スライドの応用

普通のスライドが出来たなら次は応用でやってみましょう。

スライドはバリエーションが沢山あるので色々試してみたください。

たとえば、右足を出して左足を寄せて最後に両足を揃えずに足をクロスさせたり、足が揃う瞬間にジャンプしたりと、ステップが簡単な分応用させやすいです。

ぜひ試してみてください。

1.スライドの応用2

先ほどのスライドの応用は、カウントは変えずに最後のステップを変えましたが、次はスライドそのものを引き伸ばしてみましょう。

右方向に右足を出すの次は左足を右足に寄せるですが、ここで右足で「片足クラブステップ」してみましょう。

すると、左足は右足がクラブステップで動いている限りは追いついてこないと思います。

こうすることで、ずっと地面を滑ったように見せることができます。

一つ一つは簡単な動きでも、こうして工夫することで複雑に見せることも出来ます。

簡単な動きでも上達してくれば、工夫しだいでどんなふうにも改良できるのがヒップホップダンスの醍醐味です。

次回は「基本的なターンのやり方|ヒップホップダンスのステップ」です。