今回はスネークの解説していきたいと思います。

スネークは蛇みたいに体を波打たせるような動きです。

この動きのはアイソレーションの延長上のような動きなので、ヒップホップダンスにとっての基本に近い動きになります。


1.スネークの全体的な動き

スネークは正面を向いたまま、横向きに体を波打たせていきます。

ここがボディウェーブと違うところで、ボディウェーブは前向きに波打たせていくのに対して、スネークは横向きとなっています。

それにスネークは波打たせる前と波打たせた後に一歩足を動かすのも、違いの一つです。

難しそうに思えますが、一つ一つやっていけば必ず上達していくのであきらめずにやってみましょう。


2.スネークのやり方

スネークはまず、正面を向いてまっすぐ立ちます。

そこから一歩外に足を踏み出します。

仮に右方向にスネークするならば、右足を右方向の真横に一歩踏み出します。




次に、右に頭ぐらいの高さのバーがあると思って頭から順にくぐるように右足へ体重を移しながら移動してください。

頭から順にくぐるようにして移動する事で勝手に体が波打つので、それを利用する形になります。

体重を右足に移し終えたら、最後に残った左足を右足にそろえてやればスネーク完了です。


1.スネークの応用

それでは、普通のスネークが上達して来たら、次は応用です。

スネークの応用でよく使われるのは、スネークし終わって両足がそろった時にジャンプして手を上にパンチする感じで振り上げます。

逆も同様にする事が出来ます。

この動きは、某有名ヒップホップダンスアーティストのフリなんかにもよく使われていますし、ヒップホップダンス界でも良く使われます。

応用もそんなに難しくないので、ぜひ試してみて下さい。

それでは、次回は「フライングターンのやり方と練習方法|ヒップホップダンスのステップ」です。