今回はスポンジボブを解説していきたいと思います。

このステップは俊敏な重心移動とボディバランスが上達のコツになります。

少し複雑なステップですので、段階分けして解説していきたいと思います。


1.段階分けして足の運びを覚えよう

今回は4段階にしてスポンジボブを解説していきます。

まず基本の立ち位置ですが、足を肩幅ぐらいに開いてまっすぐ立ちます。

1段階目は、軽くジャンプして右足を立ち位置から外にズラします。

この時左足は外に開き地面から浮かします。

2段階目は、もう一度軽くジャンプし、右足を立ち位置のところに戻し、左足は膝を曲げて内側に足先を持ってきます。

3段階目は内側に曲げた左足を、軽くジャンプした際に立ち位置よりも外側に持ってきます。

この時右足は外側に開きます。

4段階目は軽くジャンプした際に左足を立ち位置に戻し、外に開いた右足を膝を曲げて内側に足先を持ってきます。




上記の4段階でスポンジボブが一周します。

この時のコツは軽くジャンプする際には膝のバネを使って小さくジャンプする事でスム―ズに体重移動できます。

それに加えて、地面についてない方の足を開くときは外側に蹴りだすようにすれば、飛んでいる方向と逆に力が加わりますのでフワッと浮いたように見えて、不思議さを出すことが出来ます。


2.しっかりと反復練習しよう

スポンジボブはヒップホップダンスのステップで結構、機敏に動くステップで上達する為には反復練習が必要です。

始めは難しく感じるかもしれませんが、一つ一つ段階に分けゆっくり練習していけば必ずできるようになります。

肝心なのは諦めずに継続する事が大事です。

慣れてくると応用で、前に足を踏み込んだり、後ろへ足を蹴りだしたりできるようになるのでヒップホップダンスの幅が広くなります。

それでは次回は「ボディウェ―ブの踊り方と練習方法|ヒップホップダンスのステップ」です。