今回は基本的なターンのやり方と応用の練習、上達法です。

ダンスをしたことがない人でもターンはヒップホップダンスには必要不可欠だということが分かる通り、無くてはならない物です。

ターンは割りと簡単にかっこよさを出すことができる動きですので、ぜひ練習してみてください。

1.基本的なターンのやり方

では、まずは基本的なターンを習得していきましょう。

ターンの種類を大きく分けると2つです。

一つは片足で回るターンに対して、ふたつ目は両足で回るターンになります。

まずはやりやすい片足で回るターンを解説していきたいと思います。

1.片足のターンのやり方

一般的にターンをやる時は、足を交差させてから始めることが多いです。

なので、回る前に軽くジャンプして足を交差させてみましょう。

足を交差させたらどちらを前にしたかで回る方向が決まります。

交差させた時に右足が前に来たなら反時計回りで、左足が前なら時計回りです。

ヒップホップダンスが上達するに連れて、どちらも回れるようになりますがまずは得意な方向からターンしてみましょう。

交差したなら次は実際に回ってみます。

仮に時計回りにターンするとして、回る方の足は左足です。

上げる足は蹴って回るよりも引いて回るほうがやりやすいので左足は後ろに引きつつターンしてみましょう。




ターン自体はすごく簡単ですので、意識して反復練習すればすぐに上達すると思います。

1.逆周りも練習しよう2

得意な方向が出来るようになってきたら、逆周りも練習しておきましょう。

ヒップホップダンスに限らず、フリを踊るときやコンビネーションを踊る際に非常に役に立ちます。

友達とフリを作った時など、必ずしも得意なターンの方向ではありせんし、ヒップホップダンスはとくに「出来ない」ということが無いようにしておくと、どんな動きにも対応できます。






2.両足ターンのやり方

片足ターンが上達してきたら次は「両足ターン」です。

なぜ、片足よりも両足の方が難しいのかというと、両足でターンする場合は、足の重心をクラブステップみたいにつま先とかかとに乗せる(クラブステップの記事を参照)からです。

重心をずらさずに両足ターンすると足が絡まります。

そのため足の重心を左右でつま先とかかとにして(重心はどちらに振り分けても構いません)ターンすることで引っかかりがなくなります。

上記のターンすべてのコツはターンする際に立ち位置がずれないことです。

ターンしながらふらふらするとかっこ悪いです。

1.逆周りも練習しよう2

次回は「ムーンウォークの踊り方|ヒップホップダンスのステップ」です。